撮影前のチェック項目

□ 室内は整理整頓されていますか?

現在の状態がそのまま公開されます。デスク周りや本棚など、整理されていないと閲覧者に悪い印象を与えてしまう事があります。

□ 写ってはいけない物はありませんか?

他社の広告や、肖像権に引っかかる物、社外秘の資料などは隠してください。

撮影のアドバイス

視点位置その1 設置場所

見せたい事柄によって視点位置は変わります。広めの市内であれば真ん中で良いのですが、奥行き感などを見せたい場合は部屋の端から撮るとお部屋が広く移ります。

視点位置その2 目線の位置

一般の人の目線の高さにすると、リアル視点となりますが、天井の低い室内でしたら床と天井の真ん中の位置に設定するときれいな映像になります。

スタンドについて

動画編集時に丸いマークを付けてスタンドの脚を隠すのですが、一脚スタンドたと隠す面積が狭い分、マークが小さくできます。
理想は一脚スタンドですが、三脚スタンドでも倒れない程度に脚を狭くすることで対応できます。ただし、不安定になったり、水平が保てないと、スタンドが倒れ、故障の原因になりますので取り扱いにはご注意ください。

期間限定!クーポンが利用できるコンテンツ